1. 最新ニュース
  2. 69 view

ECサイト利用者6割「利用したい決済手段がなければ離脱」 7/8 マイナビニュース

SBペイメントサービスは7月6日、「ECサイトで物品・デジタルコンテンツを購入する際の決済手段に関する調査」の結果を発表した。調査は2月14~21日、1年以内に物販サイトで何らかの商品を購入した10~80代の男女2,528名、および1年以内にデジタルコンテンツを購入した10~80代の男女2,253名を対象にインターネットで行われた。

ECサイトで物品もしくはデジタルコンテンツを購入する際、よく利用する決済手段について尋ねたところ、男女ともに1位「クレジットカード決済」(60%以上)、2位「PayPay(オンライン決済)」(約20%)という結果に。

過去2回(2018年度、2020年度)の調査結果と比較すると、物品とデジタルコンテンツどちらの購入時においても、「クレジットカード決済」を選択する割合が年々減少しており、「PayPay(オンライン決済)」の割合が20%を超えて躍進。さらに、「楽天ペイ(オンライン決済)」の割合も10%を越え年々伸びており、オンラインでもリアルでも利用できるQRコード決済の人気が高まっていることが明らかに。一方、「コンビニ決済」「代金引換」など、対面で支払う必要がある決済手段は、コロナ禍で減少傾向となっている。

詳細は、こちらから

最新ニュースの最近記事

  1. セミナーレポートの掲載 12/3 

  2. 国税の「スマホアプリ納付」がスタート、PayPay/d払い/au PAYなどに対応 12/…

  3. 【ポイントカードに関する実態調査】キャッシュレス化が全てではない? 12/1 prtime…

  4. セミナーレポートの掲載 11/20 

  5. キャッシュレス化で変わる? 共働き夫婦のお金の管理方法 11/20 マイナビニュース

関連記事

最近の記事

  1. 最新ニュース

    セミナーレポートの掲載 12/3 
  2. 最新ニュース

    国税の「スマホアプリ納付」がスタート、PayPay/d払い/…
  3. 最新ニュース

    【ポイントカードに関する実態調査】キャッシュレス化が全てでは…
  4. インタビュー

    2022年度キャッシュレス商品券の導入団体 インタビュー記事…
  5. 最新ニュース

    セミナーレポートの掲載 11/20 
  6. 最新ニュース

    キャッシュレス化で変わる? 共働き夫婦のお金の管理方法 11…

ピックアップ記事

PAGE TOP
 お問合せ