1. 最新ニュース
  2. 70 view

非接触決済の本命、Apple PayとGoogle Payの違いは? 2/3 BCN+R

非接触決済の本命、Apple PayとGoogle Payの違いは?

経産省の資料※によると、2019年のキャッシュレス決済比率は26.8%と、日本ではキャッシュレス決済時代が到来しつつある。キャッシュレス決済手段のうち、対応スマートフォンを持っていれば手軽に使えるのが「Apple Pay」と「Google Pay」だ。どちらもさまざまな決済サービスをまとめて管理できるプラットフォームとして活躍している。格的なキャッシュレス生活を送るなら、違いを知ったうえで、どちらを使うか検討したい。

経済産業省「キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会」 第二回資料

iPhoneAndroidの違い、だけじゃない
二つの大きな違いはiPhoneで使えるのがApple Pay、Androidスマートフォンで使えるのがGoogle Payということだ。次いでおさえておきたいのは、対応している決済サービスの違いだ。まず電子マネーのSuica、QUICPay、iDはどちらも使える。ただし、PASMOはApple Payのみ。楽天Edyとnanaco、WAONはGoogle Payのみの対応となっている。

詳細は、こちらから

最新ニュースの最近記事

  1. まさにドライブスルー。ETCを使ったキャッシュレス決済「ETCX」発表 5/5 GIZMO…

  2. マイナンバーカードの年齢層別交付枚数率から考える、次の普及策 5/1 BCN+

  3. そろそろ本格的に始めたい人の「QRコード決済」入門【PayPay・楽天ペイ・d払い編】 Y…

  4. 福岡市地下鉄「天神・博多間1日フリーきっぷ」でVisaタッチ決済の実証実験 4/13 マイ…

  5. PayPay、登録者数・加盟店数・決済回数はコロナ禍においても伸長 決済回数は前年度比約2…

関連記事

最近の記事

  1. 最新ニュース

    まさにドライブスルー。ETCを使ったキャッシュレス決済「ET…
  2. 最新ニュース

    マイナンバーカードの年齢層別交付枚数率から考える、次の普及策…
  3. 最新ニュース

    そろそろ本格的に始めたい人の「QRコード決済」入門【PayP…
  4. 最新ニュース

    福岡市地下鉄「天神・博多間1日フリーきっぷ」でVisaタッチ…
  5. 最新ニュース

    PayPay、登録者数・加盟店数・決済回数はコロナ禍において…
  6. 最新ニュース

    県有施設における利用料等の支払いにキャッシュレス決済を導入し…

ピックアップ記事

PAGE TOP
 お問合せ