1. 最新ニュース
  2. 70 view

非接触決済の本命、Apple PayとGoogle Payの違いは? 2/3 BCN+R

非接触決済の本命、Apple PayとGoogle Payの違いは?

経産省の資料※によると、2019年のキャッシュレス決済比率は26.8%と、日本ではキャッシュレス決済時代が到来しつつある。キャッシュレス決済手段のうち、対応スマートフォンを持っていれば手軽に使えるのが「Apple Pay」と「Google Pay」だ。どちらもさまざまな決済サービスをまとめて管理できるプラットフォームとして活躍している。格的なキャッシュレス生活を送るなら、違いを知ったうえで、どちらを使うか検討したい。

経済産業省「キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会」 第二回資料

iPhoneAndroidの違い、だけじゃない
二つの大きな違いはiPhoneで使えるのがApple Pay、Androidスマートフォンで使えるのがGoogle Payということだ。次いでおさえておきたいのは、対応している決済サービスの違いだ。まず電子マネーのSuica、QUICPay、iDはどちらも使える。ただし、PASMOはApple Payのみ。楽天Edyとnanaco、WAONはGoogle Payのみの対応となっている。

詳細は、こちらから

最新ニュースの最近記事

  1. 「現金使えません」完全キャッシュレス店舗、京都市内に登場 7/19 京都新聞

  2. キャッシュレス決済のデメリットとは? メリットと合わせて解説 7/15 マイナビニュース

  3. FeliCaに対応、スマホが決済端末になる「Tap on Mobile」の可能性 7/7 …

  4. FUKUOKA NEXT Pay 一次販売抽選申込受付を開始しました 7/1

  5. キャッシュレス決済 人件費削減などのメリット検証へ 経産省 6/26 NHK

関連記事

最近の記事

  1. 最新ニュース

    「現金使えません」完全キャッシュレス店舗、京都市内に登場 7…
  2. 最新ニュース

    キャッシュレス決済のデメリットとは? メリットと合わせて解説…
  3. 最新ニュース

    FeliCaに対応、スマホが決済端末になる「Tap on M…
  4. 最新ニュース

    FUKUOKA NEXT Pay 一次販売抽選申込受付を開始…
  5. 最新ニュース

    キャッシュレス決済 人件費削減などのメリット検証へ 経産省 …
  6. 最新ニュース

    デジタル社会の実現に向けて取り組む規制改革 6/28 BCN…

ピックアップ記事

PAGE TOP
 お問合せ