1. 最新ニュース
  2. 76 view

パスポートや交通反則金など国の行政手数料がキャッシュレス化へ 2/8 インプレス

交通反則金や、パスポート発行、車検など、国の行政における手数料がキャッシュレスやオンラインで支払い可能になる。政府が本法案を通常国会に提出した。一部は令和4年度(2022年4月~)中に施行予定としている。

これまでも、国税や国民年金保険料、無人航空機登録手数料などは、クレジットカードやコンビニ払いなどが行なえたが、その範囲を拡大する。

新たにクレジットカードやQRコード決済に対応予定のものは、自動車検査登録手数料(車検)、旅券発給手数料(パスポート発行)、登記関連手数料、交通反則金。

詳細は、こちらから

最新ニュースの最近記事

  1. 「えっ…そこ、現金で支払うの?」経済ジャーナリストが〈キャッシュレス決済〉導入をお勧めする…

  2. 10~20代が使ったキャッシュレス決済 1位「PayPay」、2位以下は? 2/2 ITM…

  3. 5つのパターンに分類される「キャッシュレス決済」。スマホを使っている人、使ってない人…あな…

  4. 数年後に慌てて始めようとしても、すぐに順応するのはきっと難しい。ATMが減り始めた今こそ知…

  5. インタビュー動画を掲載しました。 2/1

関連記事

最近の記事

  1. 最新ニュース

    「えっ…そこ、現金で支払うの?」経済ジャーナリストが〈キャッ…
  2. 最新ニュース

    10~20代が使ったキャッシュレス決済 1位「PayPay」…
  3. 最新ニュース

    5つのパターンに分類される「キャッシュレス決済」。スマホを使…
  4. 最新ニュース

    数年後に慌てて始めようとしても、すぐに順応するのはきっと難し…
  5. インタビュー

    インタビュー動画を掲載しました。 2/1
  6. 最新ニュース

    災害や紛失時にも役立つ! 「デジタル遺産」の管理表を作ってお…

ピックアップ記事

PAGE TOP
 お問合せ